読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エーフィ

昨日委員会オフにスタッフとして参加させてもらいました。

主催してくださった委員会さんや、僕に絡んでくれた皆様ありがとうございました!!

 

結果は良くなかったのでパーティー全体の詳細などは伏せますが、1匹面白いポケモンを思いついたのでそれを書きたいと思います。

 

f:id:neon11250:20130901150451g:plain  

ポケモン技1技2技3技4持ち物
ステータス特性
エーフィ ひかりのかべ リフレクター サイコショック じこあんじ ひかりのねんど
臆病 159-x-81-153-126-178 マジックミラー

 

昨日は壁エーフィで行きました。

前々から壁は使ってみたいと思ってたのですが、それを考える際にどうしても悪戯心による挑発やアンコがめんどくさそうだなと思っていました。

そこでそこら辺の技+ステロを反射できるエーフィから組もうということでエーフィになりました。

アグノムライコウと違ってこのポケモンを使う際に面倒になるのがラティオスと同速になってしまうことなのですが、流星なら打った後にウルガモスの起点にしたりとすることで同速になっても一応ケアはできます。

そしてこれはほかの壁ポケモンも同じだと思うのですが、壁を張るとウルガモスに舞われてしまったりしてしまうのも面倒だなと思っていました。

そこで覚える技一覧を見ていると自己暗示に目がとまり暗示を入れることにしました。

暗示を入れることでエーフィに対し蝶舞→蝶舞の動きをしてくるウルガモスを壁→暗示→ショックで大体倒すことができます。

しかしエーフィは欠伸も覚えたりするので虫のジュエルやオボンの場合1舞の時点で殴ってくるかもしれません、その時は

・虫のジュエルなら壁ありでもエーフィが落ちるので落ちた後後ろからウルガモスを投げて舞ってめざ岩で突破

・虫のジュエル以外なら1舞なら壁で耐えるので暗示して素早さを抜かして次のターンにショックを打って(無振りのウルガモスなら75~90%くらい入ります)鉢巻きカイリューとかの先制技圏内に入れる

の動きでいいと思います。

今の想定だと虫のジュエルめざ岩がかなり厄介ですが、壁込ならc205+1めざ岩を無振りウルガは耐えるので舞ってそのあとめざ岩で先になぐる必要があります。

だからこの場合自分のウルガモスは臆病の方がいいかもしれないですね。

あと珠めざ岩ウルガは無理でした。

こいつが出てきたらもうカイリューの逆鱗とかでゴリ押すしかないと思います。

 

他にも、暗示エーフィにすると

・瞑想をめちゃくちゃ積んでくるスイクンクレセリアあたりにワンチャンもてる(クレセはショックだったらきびしいかも)

・小さくなるポケモンの回避を奪えるから泥仕合を仕掛けられる(かも)

といった副産物的な利点もあります。

さすがに壁込でも破ったパルシェンのつららは耐えないと思うのが惜しいところですね。