読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Legendary Rule】レックオーガ【Double Battle】

こんばんは。

サンムーンの伝説ルールがおもしろかったので、記事を書きたいと思います。

仲間大会の伝説ルールで用いたパーティーで、順位はそこまで良くはないのですが、流行ってほしいので書いてます。

 

携帯の写真ではありますがパーティーを上げます。

f:id:neon11250:20170217224602p:plain

 

レックオーガです。

以下にパーティーを組んだ経緯や技構成をお話しします。

 

 

 

1.レックウザ

本作では、メガシンカポケモンが軒並み弱体化してしまいました。

例を挙げるならば、メガガルーラの親子愛やメガボーマンダスカイスキンですね。

そのため、一般ポケモンメガシンカを割くよりも、伝説枠にメガシンカを割いた方が強いと思ったので、メガレックウザから考え始めました。

これは全てのメガシンカに共通していることなのですが、メガシンカしたターンの速度がメガシンカ前ではなく、メガシンカ後の数値になったので、これまで問題だったゼルネアスメガシンカ前に対面すると上から殴られてしまうといった問題が解決されました。

メガシンカを行うためにガリョウテンセイは確定で、グラードンを殴るために滝登り。そして、ここはミスなのですが、神速ではなく剣の舞を採用していました。打つ場面はなかったです。

そして最後にトリックルームや追い風のターンを稼いだりスカーフに対する切り返しのための守る

守るの採用については後のポケモンでも色々な理由を述べていますが、基本的に入る技がなかったり1発で倒されうるポケモンには全て守るを採用しています。

持ち物はスカーフテテフに何もされずに倒されるのが嫌だったのでにしました。

 

性格:陽気

努力値:4-252-0-0-0-252

技構成:まもる/ガリョウテンセイ/たきのぼり/つるぎのまい

持ち物:気合の襷

特性:エアロック(デルタストリーム)

 

 

2.カイオーガ

次に、グラードンカイオーガを使うかを悩んだのですが、相手のカイオーガグラードンどちらを処理しやすいかを考えた結果、後述するカプ・コケコでカイオーガが楽に処理できるのに対し、グラードンは処理が難しいと考えたので、グラードンを処理できるカイオーガを採用しました。

性格は控えめが良かったのですが、持っていなかったので臆病です。

どうせ臆病にするならということで、上から強いままいっぱい殴りたいのでしおふきを採用。HPが削れた状態でも殴りたいので、根源の波動グラードンが出てきた状態でも攻撃でき、レックウザを殴ることもできる冷凍ビームレックウザガリョウテンセイを守ったりするために守るの4つを採用しました。

 

性格:臆病

努力値:4-0-0-252-0-252

技構成:まもる/しおふき/こんげんのはどう/れいとうビーム

持ち物:藍色の玉

特性:あめふらし(はじまりのうみ)

 

 

3.カプ・コケコ

前述の2体でグラードンに対しての耐性ができたので、次にカイオーガをどうにかしようと思って、デンキZカプ・コケコを採用しました。

電気技は雨状態じゃなくても打つことが出来る10万ボルトを採用しています。

スパーキングギガボルトメガボーマンダメガガルーラを高火力で殴ることが出来るのもグッドです。ただ、ボーマンダレックウザに対して打つ場合、デルタストリームになっているかどうかについては注意する必要があります。

ほかの技については、本ルールにおけるマジカルシャインはあまり火力がなく、打つタイミングがないと思ったので、自然の怒りを採用しました。自然の怒り+レックウザガリョウテンセイで大体のポケモンを倒すことが出来ます。

また、裏の3匹を後程説明しますが、トリルに対する耐性が全然ないので、挑発を採用しています。そして、耐久がなさ過ぎて1発でも食らうと落ちてしまうため守るを採用しています。

 

性格:臆病

努力値:0-0-4-252-0-252

技構成:まもる/10まんボルト/しぜんのいかり/ちょうはつ

持ち物:デンキZ

特性:エレキメーカー

 

 

4.カプ・テテフ

本ルールでスカーフテテフが明らかに強いと思ったので、スカーフテテフを採用。サイコショックカイオーガを、サイコキネシスグラードンを殴ることが出来ます。また、ムーンフォースマジカルシャインレックウザメガボーマンダを殴ることが出来ます。

また、特性によって相手のレックウザの神速と、メガガルーラの猫だましを特性によって無効化できるのが強いです。ただし、自身のレックウザの神速も使えなくなってしまうので、そこは注意です。性格は控えめの火力がほしいので控えめ(臆病を持っていないのもあります)。

 

性格:控えめ

努力値:0-0-4-252-0-252

技構成:ムーンフォース/マジカルシャイン/サイコキネシス/サイコショック

持ち物:こだわりスカーフ

特性:サイコメーカー

 

 

5.テッカグヤ

ここで相手のゼルネアスに展開されたときの切り返しがなかったため、UBであるテッカグヤを採用。ゼルネアスを見るならグラゼルネ見たいよねってことで、噴火も防ぐことが出来るワイドガードを採用しました。相手のテテフゼルネを殴るためのヘビーボンバー、コケコが出てきたときにどうにかできるようになる守る。最後に、泥仕合が発生した場合に強くなれるやどりぎのたねを採用しています。従って、性格は最速になっており、持ち物は食べ残しとしています。

 

性格:陽気

努力値:164-92-0-0-0-252

技構成:まもる/ヘビーボンバー/やどりぎのたね/ワイドガード

持ち物:たべのこし

特性:ビーストブースト

 

 

6.ガブリアス

グラカイや、ディアルガソルガレオ絡みのトリルを処理するために最後にジメンZガブリアスを採用しました。サメ肌によってレックウザの襷を割ることも出来ます。また、このポケモンカミツルギを処理するための火炎放射を採用しています。

性格は意地っ張りにしたかったのですが臆病オーガ臆病グラードン、臆病ゼルネアスに負けてしまうのが嫌だったため陽気。ただし、陽気だとグラードン地震ジメンZで確定で倒すことが出来ないことには注意です。

また、レックやパルキアを殴るためにドラゴンクローも採用しています。そしてカミツルギを殴るための火炎放射

実際Z技はほとんどコケコで使っていたため、選出することは殆どありませんでした。

守るは何となく入れています。

 

性格:陽気

努力値:0-252-4-0-0-252

技構成:まもる/ドラゴンクロー/じしん/かえんほうしゃ

持ち物:ジメンZ

特性:さめはだ

 

 

 

以上になります。

見ていただければわかると思うのですが、2枚以上トリル始動が入っているパーティーはかなり厳しいです。

そしてルナアーラはかなり無理です。めちゃくちゃ頑張って倒しましょう(一応大会中1回も当たってはいないです)

これを機に是非伝説ルールに興味を持っていただけたらなと思います。